ラグビートップチャレンジリーグ開幕 九州電力は完敗発進

西日本スポーツ

 ラグビーのトップチャレンジリーグ(TCL)が13日、名古屋市のパロマ瑞穂ラグビー場などで開幕した。TCLは9チームが参加。来季から上部のトップリーグ(TL)チームを含めた3部制で動きだす新リーグのチーム振り分けに反映させるため、上位4チームはTL16チームが出場するトーナメント戦に進む。

 九州電力は28-61で豊田自動織機に敗れた。9トライを奪われる力負け。フィジカルの強い相手に接点で後手に回り、チャンスでボールを奪われるシーンも目立った。ヒルトン・ヘッドコーチは「ミスを減らさないといけない」と反省。フランカー高井主将は「(課題を)次のゲームにつなげたい」と切り替えた。

 コカ・コーラは39-8でマツダに完勝。釜石シーウェイブスは栗田工業を35-24で破った。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング