ソフトバンク工藤監督「問題なく入っていけるかな」2年ぶりに一肌脱ぐ準備は万端

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(17日=休日)

 工藤監督が、第5クール初日の18日にもアーリーワークで若手相手に打撃投手を務める。

 監督就任以来、キャンプ中の早出練習では、フリー打撃での投手役を積極的に買って出ていたが、昨年は初めて登板なし。今年は野手陣が「1日1000スイング」をこなす影響で、打撃投手を務めるコーチ陣の疲労も大きいと考え、2年ぶりに一肌脱ぐ考えだ。16日の練習中には調整のためキャッチボール。休日だった17日に取材に応じた工藤監督は「体の張りは大丈夫。今のところ明日(18日)から問題なく入っていけるかな。コーチの方に壊れてもらうわけにいかないので」。若手の成長のため、57歳の体にムチを打ち腕を振る。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ