ソフトバンク紅白戦で不安材料 まさかの強制終了

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(20日、宮崎・生目の杜運動公園)

 好調な若手野手陣によるハイレベルなアピール合戦が繰り広げられている工藤ホークスに、対照的な不安材料が露呈した。

 今キャンプ3試合目となった紅白戦は、若手投手陣が大乱調。昨季1軍を経験し今季の飛躍が期待される投手らが乱れまくり、予定イニングを投げ切ることができず、試合はまさかの強制終了となった。

 ここまでの若手野手陣の強烈な突き上げは、今季だけでなく「V10」への道を明るく照らしてきただけに、若手投手陣の奮起が見えない現状は首脳陣にとって頭の痛いところだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ