U20競歩女子、福岡・宗像高の梅野が初V コロナ禍で全国総体は中止

西日本スポーツ

 U20(20歳未満)選抜競歩大会の女子(5キロ)が21日、神戸市六甲アイランド甲南大周辺コースで行われ、福岡・宗像高3年の梅野倖子が初優勝した。

 狙っていた大会記録(22分12秒)には暑さもあって16秒届かなかったが、コロナ禍で全国総体が中止になった高校最後の年で有終の美を飾った。

 「タイムには悔いが残るけどいい形で終われる」と笑顔を見せた。今春から順大に進学予定。「同じ福岡出身で歩型がきれいな藤井先輩に憧れる。将来は五輪に出てメダルを取りたい」と目を輝かせた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング