ソフトバンク小久保ヘッドが「初陣」のベンチで見せた姿

西日本スポーツ 石田 泰隆

タカ番記者コラム「好球筆打」

 ◆練習試合 ソフトバンク3-2西武(23日、宮崎アイビー)

 待ちに待った今年最初の対外試合。紅白戦などとは違って、やっぱり戦う相手のユニホームが違うと気持ちが前のめりになる。ただ見るだけのこちらがそんな心境になるのだから、実際にグラウンドで戦う選手らの気持ちの乗りようも相当なものだったに違いない。

 結果は3-2で西武に勝った。一般的には結果よりも内容が問われる時期だろうが、勝負事は負けるよりも勝った方が気分もいいに決まっている。決勝点も相手の失策によるものではあったが、勝利後の選手のハイタッチを見ていると、公式戦であろうがなかろうが、何でも勝つことは大事なんだと再認識させられた。

 さて、チームにとっての今季初対外試合はイコール、小久保新ヘッドコーチ(HC)の“初陣”でもあった。三塁側ベンチでは工藤監督の左隣に構え、走者が出るとまだ不慣れであろうサインをベースコーチに向けて送っていた。また、ストップウオッチを握りしめ、相手投手の投球モーションのタイムを計る姿も見られた。

 思えばヘッドコーチの就任会見で、小久保HCは自身の役目を「副社長のようなもの」と独特な言い回しで表現していた。また、侍ジャパンの監督経験を基に「僕の場合は(ヘッドコーチに)提言をしてもらい、それを選択する方がよかったので、そこは(工藤)監督と話し合いながらやりたい」と理想のヘッドコーチ像を明かしてもいた。

 その後、工藤監督とは何度もミーティングを重ねたようで、最終的には自身が理想に掲げるヘッドコーチ像で今季に臨む形が決まった。就任時の会見では「提言の連続が副社長の仕事かなと思う」とも話していたように、この日の試合では何度も何度も工藤監督に「提言」する姿が見られた。

 ヘッドコーチは作戦面を立案する「参謀役」とも言われる。監督就任6年(今年で7年目)で5度の日本一を達成したチームにしては珍しく3人目の「腹心」にあたるが、求められる役割は果てしなく大きい。シーズン開幕まで残り約1カ月。チームづくりと並行して、こちらも濃密な信頼関係構築が求められそうだ。 (石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ