ソフトバンク周東、真のレギュラー奪取なるか 走攻守の現在地

西日本スポーツ 鎌田 真一郎

 ◆練習試合 ソフトバンク3-2西武(23日、宮崎アイビー)

 スピードスターが“開幕”ダッシュに成功!福岡ソフトバンクの周東佑京内野手(25)が、4年目で初の開幕スタメンへ向けて猛アピールした。今春チーム初の対外試合となった西武との練習試合(宮崎アイビー)に「1番二塁」でスタメン出場し、2安打2打点。今春は右肩の不調で出遅れたことを感じさせない活躍を見せた。昨季の盗塁王が二塁の定位置をがっちりとつかみにいく。

「1番二塁」

 「1番二塁」を託された今春初の対外試合。13日からの第4クールでA組合流した周東は集中力を研ぎ澄ませた。「合流が遅れたので、この試合は何としてもアピールしたかった。狙い通りの球を1球で仕留められた」。初回。松本のスライダーを右前打とした。

 第2打席は「いい場面だったので、最低限の自分の仕事をしようと思った」と笑う。3回1死二、三塁で再び松本のスライダーを右前に運ぶ2点打。昨季の得点圏打率は2割8分6厘で「チャンスでの凡退も非常に多かった」という反省を踏まえた結果を出した。

 昨季は50盗塁で初タイトルを獲得するなど大ブレーク。12球団屈指の脚力を最大限生かすために、昨季は打率2割7分だった打力向上にも取り組む。強振して軸がぶれる癖や、打ち気がはやり体が投手側へ突っ込む癖を修正するなど、今春はシンプルさを追求した。

 「悪い面を理解することで、そんな打ち方にならないように」と話す周東について、工藤監督は「良い方向にいっていると思う。足を使うにも出塁しないといけない。打つことも大事だし、(ボールの)見極めも大事。そこもつかんでほしい」と期待を寄せた。

 昨季は8失策を記録した二塁守備でも2回に源田のゴロを飛びついてさばくなど危なげなかった。初回に仕掛けた二盗は森に封じられたが、こちらは「まだ失敗できる時期。試す中で必ず改善点も見つかる。走らないと分からない」とあくまでポジティブ。今後も果敢に仕掛ける構えだ。

守備も無難

 昨季は二塁でチーム最多の53試合に先発出場したものの、レギュラーが確約されているわけではない。牧原大や三森らライバルが二塁奪取へ意欲を燃やす中、周東も当初の予定を前倒ししてA組に合流。これも二塁の定位置をつかもうという決意の表れだった。

 東農大北海道オホーツクの後輩、西武の新人ブランドンが本塁打を放った際には「ナイスバッティング」と声を掛けたが、実は「周りを見ている余裕はない。開幕スタメンを狙ってアピールを続けたい」。昨季は1番に定着した終盤戦にチームの推進力となったが、今季は開幕からその役割を務める。 (鎌田真一郎)

今春キャンプの周東 

  1日 右肩のコンディション不良でB組スタート。

10日 25歳の誕生日に、視察に訪れた侍ジャパン稲葉監督から「複数ポジションを守れ、あれだけ足が速い選手はなかなかいない」と改めて評価を受ける。

13日 「早めに自分からお願いした」と第4クール初日から志願の前倒し合流。

19日 紅白戦で白組の1番二塁で出場し、2安打2盗塁の活躍。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ