ソフトバンク東浜がブルペン入り 昨季の開幕投手が復帰へ着実

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(24日、宮崎・生目の杜運動公園)

 右肩の不調と昨年末の新型コロナウイルス感染の影響でリハビリ組での調整が続く東浜が、ブルペン投球を行った。

 今キャンプで初めて片膝立ちの捕手に対して投げ、15球すべて真っすぐだった。A組ブルペンの傾斜を使ってキャッチボールをした21日に「(今後は)強度、質を上げていき、座った捕手に投げる日も近いと思う」と語っていた昨季の開幕投手が、復調に向けて着実に歩んでいる様子だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ