新判定基準は“追い風” VARは…福岡の中盤の要が語る

西日本スポーツ 末継 智章

 28日にホームで名古屋との開幕戦に臨むJ1アビスパ福岡は24日、福岡市内で練習を公開した。

 Jリーグの開幕直前オンライン会見に出席した主将のMF前寛之(25)は「昨季のベースだった堅守速攻をキャンプで高めてきたので見せることができれば」と昨季J2最少得点に抑えた守備の進化に自信を示した。

 日本サッカー協会(JFA)の審判委員会は近年、審判が正当な接触と判断すれば選手が倒れても反則を取らない方針を示し、今月行われた判定基準の説明会でも強調した。果敢にボールを奪うプレーが持ち味の前も「激しい試合、場面を促す点が多くみられる」と“追い風”を歓迎する。

 一方で自身初体験となるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)には「得点機会や得点を阻止した機会にVARで細かくプレーをチェックされる。大事なポイントになるので気をつけないと」と警戒。クリーンかつ激しい守備で優勝候補の名古屋を止める。(末継智章)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング