勝ち点いくつで残留できる? 特例で20チームに増えたJ1を考察

西日本スポーツ

今季Jと同じ20チームのリーグでは…

 今季のJ1はコロナ禍の影響で例年の18チームから20チームに増えた。残留に必要な勝ち点の目安はどうなるか―。昨年までの事例と比較が難しいため、同じ20チームでリーグ戦を行うイングランド、スペイン、イタリアの2019~20年シーズンを参考にしてみた(ただし各リーグはともに下位3クラブが降格対象)。

 今季のJ1の残留ラインは16位以上のため、海外各リーグの16位の勝ち点を調べた。平均では39.3。勝敗では10勝9分け19敗が目安となった。降格ラインの17位は平均では勝ち点37で、1勝の差が大きな違いを生む可能性がある。

 さらに細かく見れば、総得点は平均43、総失点は同63。数字上は、得失点差でマイナス20程度あっても残留できる。たとえ序盤で黒星が先行しても簡単にあきらめる必要はないと言えそうだ。

中位を狙うには勝ち点いくつ必要?

 海外各リーグの10位を見ると、勝ち点は平均51.7。13勝12分け13敗が目安だ。総得点は同46.7、総失点は50.7。10位と16位は総得点の差が意外に少ないが、総失点は大きく開いた。堅守をベースとしつつ、少ない好機を逃さず勝ちきる。ミッションは簡単ではないが、実現できればデータ上は中位も狙えそうだ。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング