ボート荒川龍太、米川志保 東京五輪出場権かけアジア・オセアニア予選へ

西日本スポーツ

 ボートの東京五輪出場権獲得を目指す日本代表候補によるシングルスカル評価レース最終日は25日、埼玉・戸田漕艇場で行われ、男子は荒川龍太(NTT東日本)、女子は米川志保(トヨタ自動車)が1位となり、五輪出場権が懸かる5月のアジア・オセアニア(AO)予選にシングルスカルでの出場が決定した。

 男女各4人で競っている軽量級勢は、女子が大石綾美(アイリスオーヤマ)、冨田千愛(関西電力)、山領夏実(デンソー)=北九州市出身、上田佳奈子(明治安田生命)の順となった。

 ダブルスカルのAO予選出場ペアを選ぶ3月のクルー決定レース初日で大石・冨田組が山領・上田組に勝てば出場決定。敗れれば組み合わせを変えた総当たり戦でペアを決める。

 男子は宮浦真之(NTT東日本)がトップで武田匡弘(関西電力)が続いた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング