元バレー代表・迫田さおりは思う…イライラした時に思い出したい話

西日本スポーツ

 ◆バレーボール女子元日本代表・迫田さおりさんコラム「心の旅」

 好きな言葉は「心(こころ)」だという。バレーボール女子元日本代表のアタッカー、迫田さおりさんは華麗なバックアタックを武器に2012年ロンドン五輪での銅メダル獲得に貢献した。現役引退後は解説者などで活躍の場を広げる一方、新型コロナ禍が続く東京五輪イヤーの今年、スポーツの魅力を発信しようとペンを握った。

   ◇   ◇   ◇

 文章を通して心がつながるってすてきです。年明けの春高バレー女子で8強入りし、前回のコラムで取り上げた誠信高校(愛知)からお礼のお手紙と色紙をいただきました。写真付きの色紙は「お祭りバレー」をモットーとする彼女たちの愛らしく、まぶしい笑顔であふれていました。手探りで不安もあった人生初めてのコラムでは、劣勢でも決して下を向かないプレーを紹介させてもらいました。私の言葉が目に留まり、頑張る力になれたとしたら爽やかな気分になります。

 所属事務所(スポーツビズ)による部活動の応援企画で、先日はバレーボールに打ち込んでいる中高生とのオンライン座談会「UBER YELL!!」に参加しました。多くの声を聞くことができ、新鮮でした。「メンタルを強くするには?」という質問もありました。納得のいくプレーができないときに、いら立ってしまうそうです。気持ちは理解できます。私自身、中高だけでなく、東レや日本代表でもそうだったからです。

 最近になって、腹立たしくなるのは一生懸命やろうとしている証しだと思うようになりました。イライラしている選手がコートにいたら仲間はどう感じるかな、と冷静に考えることも大切です。バレーはチーム競技です。いら立っていることは周りも分かります。逆の立場になって自分がプレーしていることをイメージするだけでも、コート内で取るべき行動は変わってくる気がします。

 テレビ解説をさせてもらった今季のVリーグ女子レギュラーシーズン、東レ対JTの一戦(2月14日)で心の大切さを感じる場面がありました。JTのドルーズ選手の立ち居振る舞いです。試合に敗れ、自身も得点王を争う東レのクラン選手にブロックされるなどして思うように得点できませんでした。それでも彼女は負の感情を表に出しませんでした。仲間に与える影響まで考えていたからでしょう。

 代表やVリーグの選手をさまざまな視点から見ることで観戦の楽しみ方も広がります。座談会での学生の意見も勉強になりました。ファンの方はトヨタ車体の荒木絵里香選手、東レの黒後愛選手や石川真佑選手らトップ選手がスパイクを決めた後やボールが動いていないときのしぐさも注目しているそうです。技術面に目が向きがちだと思い込んでいただけに意外でした。

 今回の座談会で触れ合った中学生や高校生の年代に戻れるとしたら、リベロに挑戦してみたいです。1本目のレシーブがないとボールはアタッカーまでたどり着きません。競技生活の大半をアタッカーとして過ごしただけに、リベロやレシーバーがひた向きにボールを追う姿に胸を打たれます。相手の強打にもひるまず、ボールをきちんとセッターに返す役割には感謝、尊敬の念しかありません。

 日本代表でも「拾う」や「つなぐ」は欠かせません。私にレシーブ力がもう少しあれば、もっと楽しくバレーができたのでは…ふと頭をよぎります。だからといって後悔はありません。仲間と必死にボールを追いかけていた時間は最高の日々。懐かしい宝物です。(バレーボール女子元日本代表)

 ◆迫田さおり(さこだ・さおり)1987年12月18日生まれ。鹿児島市出身。小学3年で競技を始め、鹿児島西高(現明桜館高)から2006年に東レ入団。10年日本代表入り。12年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪出場。17年現役引退。身長175センチ。スポーツビズ所属。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング