番手回りの関根健太郎のVに期待 ミッドナイトF2【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のミッドナイトF2「チャリロト杯」は26日、決勝進出を懸けて2日目を行った。ガールズ戦は林真奈美、野口諭実可が1着。競走得点上位の久米詩、奥井迪の1枠両者は白星こそ逃したが、順当に決勝に駒を進めた。A級1、2班戦は7~9Rで準決。7Rから順に大矢将大、山田義彦、野口太誠が1着で決勝進出。山田は唯一、連勝で勝ち上がった。決勝戦は4車結束の東日本勢の番手を回る関根健太郎を本命に推す。

【8R・ガールズ決勝のコメント】
(1)久米 詩 踏み上がりが良かったら3角で合わせることができたけど・・・。絶好調とは言えない状態だけど、悪くはない。自力基本で。
(2)奥井 迪 今回は特に乗っている感じがしっくりきていない。全然踏み直せない。修正したい。自力で。
(3)林真奈美 最後まで諦めずに踏んだのが良かった。調子はイマイチだけど、何か得るものはあった。自力自在で。
(4)永塚祐子 コンディション調整はうまくいって自信を持ってレースには行けたが、1角でビビって動けなかったのが反省点。自力。
(5)荒川ひかり 調子は悪くない感じだけど、差せなかったのは悔しい。取れた位置から。
(6)野口諭実可 何年かぶりの1着。奥井さんしか見ていなかった。脚はいっぱい。練習よりきつかった。中団か前々で。
(7)橋本佳耶 決勝は久しぶり。2日間とも何もしていないので、展開が良かったとしか言いようがない。調子はいい。自力を出せたら…。

【9R・決勝のコメント】
(1)山田義彦 初日は軽かったが、だるさが出た。初日は気合も入っていたしね。連日、前のおかげ。関根君に。
(2)野口大誠 初日は失敗(6連勝で止まり、特昇の道がストップ)したけど、特に何とも思っていなかった。次につながる走りができれば、と。脚は問題ない。自力で。
(3)宮本佳樹 吉岡君が前々に攻めてくれたおかげ。自分の状態も悪くない。九州勢へ。
(4)関根健太郎 いいところで行けた。脚には余裕はなかったけど、体が動いた。動けているのでいいと思う。鈴木君へ。
(5)那須久幸 ついていけて良かった。野口君はめちゃくちゃ強かった。決勝も野口君に任せる。
(6)鈴木 薫 出切ったところで脚にきていたけど、その中で2着まで粘れたのは大きな収穫。脚は100%満足ではない。良くも悪くもない感じ。自力で。
(7)大矢将大 関根君のおかげ。それしかない。脚は1着が取れているので悪くないと思う。山田君に。


<各レースの見どころ>

(1R)日野は次点で決勝入りを逃したが、一般戦なら断然の自力パワー。受けて立ち、最後は白星で締める。
【3連単】1-2-345。


(2R)黒田が先頭の四国ラインが総合力でリード。得点最上位で「何かやる」の江本が不気味。
【3連単】2=3-16、2=1-36


(3R)先行一車の永田を本命視したが、調子は低調。八尋の差しから狙うのが妥当かも。
【3連単】5=1-23。


(4R)中四国コンビには九州勢がついて4車連係。先頭の木村がラインの厚みを生かして逃げる。
【3連単】4-2-153。榊枝がハコ勝負に出て1-34-2345。


(5R)特別昇班後3戦目の谷元は、1、2戦目に続いてまたも準決で大敗。それでも1、2戦目とも最終日はきっちり1着取りに成功している。ここも期待したい。
【3連単】6-3-124。静岡勢の先捲り警戒で1=2-346。


(6R)ライン先頭の比較は、吉岡が機動力優勢。その番手を回るS下がりの山本が最後は差す。
【3連単】1-2=435。


(7R)細切れの一戦の中、先行力が高い浅見と実力者・幸田の関東両者の総合力は相当に高い。
【3連単】1=2-435。


(8R)久米は2日目3着で連勝ならず。ただ、力量、戦歴上位の奥井も今開催は調子ひと息。林や永塚もうまく力を出し切れていない印象。お互いが万全というほどでもないならば、直近の競走得点を重視して久米が本命で仕方がない。
【3連単】1=2-345。


(9R)2連続V中と好調な野口よりも、4車が結束した東勢から狙いたい。関根は埼京3車の間に挟まる形で番手を回るが、その理由は「健太郎(関根)が連日頑張ってくれているから(みんなも勝ち上がれた)。気持ちですね」(山田)。関根がその思いをしっかりと受け止めて走る。
【3連単】4=1-257。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング