快音が止まらないソフトバンク上林 8試合連続安打、打率5割8分8厘

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク10-0オリックス(28日、宮崎アイビー)

 ソフトバンクの上林が紅白戦以降の連続試合安打を8に伸ばした。

 オリックス戦に4番中堅で先発出場すると、初回無死一、二塁の1打席目に133キロの外角変化球を左中間へ2点三塁打。2回2死二塁の2打席目にはカーブをためて打ち返し、右前適時打とした。2打数2安打3打点の活躍。「(今年は)全試合に出るイメージをしながら、ずっとやっています。開幕から右翼でしっかり守れるようにやっていきたい」。

 今春は紅白戦3試合、練習試合5試合の全8試合で安打を記録し、17打数10安打。打率を5割8分8厘とさらに上げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ