西武辻監督「この世界でメシは食えない」試合後に“激怒”の真相

西日本スポーツ

 ◆練習試合 西武3-9ロッテ(28日、春野)

 辻監督が若手野手の消極的な打撃に、試合後のベンチ前ミーティングで“激怒”したことを明かした。

 6回無死二、三塁、4点リードのロッテは前進守備を敷かず、西武は内野ゴロでも得点できる状況だった。だが山野辺、ブランドンが2者連続見逃し三振。7回も岸、山田の途中出場組が見逃し三振に倒れた。「大事なところでバットが出ない。こういうのをなくさないと使えない。少ないチャンスでも与えたときに結果が出なければ、この世界でメシは食えない」と奮起を促した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング