ソフトバンク栗原、本拠地で“三塁手デビュー” 打撃では2打点

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク14-2中日(2日、ペイペイドーム)

 今季から三塁守備に挑戦中のソフトバンク栗原が、本拠地のファンの前で“三塁手デビュー”した。

 7番右翼で先発し、4回から三塁の守備に就いた。「いい雰囲気を味わうことができた。有観客になってから初めてサードを守って、感じることもあった」。8回に途中交代するまでの4イニングで打球を処理する場面はなかったが、打撃面では2回に右前適時打を放つなど、2打点を挙げてアピールした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ