ソフトバンク打線爆発の背景に小久保ヘッド導入の「2部練」

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク14-2中日(2日、ペイペイドーム)

 オープン戦の初戦で打線が爆発した。初回は周東の中前打を皮切りに川島の左前先制打などで2得点。2回は打者10人の猛攻で一挙5得点を奪うと、3回も3連打を含む5安打を集中させて5点を奪った。

 この日から小久保ヘッドコーチが提案した試合前の打ち込みに取り組む「2部練」が開始。大量得点に絡んだ若手も、午前11時から精力的に汗を流した。2月28日のオリックス戦(宮崎アイビー)の12安打10得点に続く打線の勢いに、工藤監督も「しっかりチャンスをつくって1本出るというのが何より」とうなずいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ