開幕ローテ狙うソフトバンク二保「持ち味発揮できない」と2四球を反省

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク4-1中日(3日、ペイペイドーム)

 開幕ローテ入りを狙うソフトバンクの二保が2与四球を反省した。

 2番手で5回から登板。6回に2死から高橋周に四球を与えると、続く阿部にはツーシームを捉えられ左中間への適時二塁打を浴びた。7回も失点こそなかったものの、1四球を与えるなど、3回1失点の内容に「(ストライク)ゾーンで勝負しないと持ち味を発揮できない。しっかり修正したい」。次回登板での巻き返しを誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ