育成のソフトバンク、今年は左腕・大関 ワクワクする打たれない理由

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク4-1中日(3日、ペイペイドーム)

 【西日本スポーツ評論家・池田親興の視点】

 育成左腕の大関がまたも結果を出した。打たれない理由はフォームにある。身長が185センチありながらもテークバックが小さく、上半身の動きがコンパクト。これにより打者が予測するスピード以上のボールを投げることができ、打者を詰まらせる。直球でも変化球でも、ストライクを先行していくコントロールの良さも加わり、レギュラークラスの打者でも抑えられている。

 特に右打者にはチェンジアップ、左打者にはスライダーが効果的だった。この時期にしっかりと予定を組んで投げさせていることからも、首脳陣の期待の高さがうかがえる。同じ左腕の川原がいまひとつ調子がでないこともあり、支配下登録はもちろんだが、開幕戦でベンチにいることも十分にありうる。それだけの結果を出し続けている。

 大関は毎日が生き残りを懸けた勝負と思っているだろう。支配下を勝ち取りベンチ入りしても、今の気持ちのままマウンドに上がってほしい。今年も育成から有望な選手が出てきたことで、チーム内は活性化し、さらに選手層が厚くなる。大関の好投を見ているとワクワクする。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ