稲本潤一の記録抜いた逸材「なめられたら終わり」 J1鳥栖の17歳が浦和に挑む

西日本スポーツ

 J1鳥栖は4日、佐賀県鳥栖市内で練習を公開し、DF中野伸哉(17)が6日のホーム開幕戦となる浦和戦での貢献を誓った。2015年以来の開幕2連勝が懸かる一戦に向けて「しっかり守備をして、攻撃にも参加したい」と意気込んだ。

 中野は2月27日の湘南との開幕戦で、17歳6カ月10日でスタメン出場。稲本潤一(G大阪)が持っていたJ1最年少開幕先発出場記録を更新した。鳥栖の下部組織出身で、湘南戦はサイドバックだったが、センターバックもこなせる。サッカーIQに優れ、足も速い。高校2年生だった昨年はクラブ最年少出場を記録するなど、トップチームで14試合に出場した。

 「17歳といって、なめられたら終わり。負けずにやりたい」。才能あふれる若手が次々と台頭する鳥栖の下部組織から現れた逸材が、スタートダッシュを狙うチームを支える。(松田達也)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング