五輪代表を高校生との試合で選考 ソフトボール宇津木監督の意図と本音

西日本スポーツ

 沖縄県内で合宿しているソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督が4日、オンラインで取材に応じ、五輪代表15人の選考を兼ねて合宿中に高校生男子と練習試合を行う方針を示した。

 1、2月の海外遠征で米国代表などと対戦してメンバーを絞る予定だったが、コロナ禍で遠征を中止。19日まで女子日本代表19人による沖縄合宿を経て23日に五輪代表を発表する。「大きな大会で能力を出せるのか見て選びたかった」と残念がった宇津木監督は、上野由岐子(ビックカメラ高崎)、藤田倭(同)に続く投手陣の選考基準として男子高校生との対戦で「一瞬を抑えられるコントロールを見たい」。野手陣には幅広い技術を求めた。

 若手の投球練習を見た上野は「お互い意識し合っている。相乗効果があっていい」と緊張感が高まる合宿への手応えを口にした。(末継智章)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング