J1福岡の金森「キング」とともに生き証人「当時の年齢に今自分が」

西日本スポーツ

 J1福岡の金森健志(26)が4日、オンライン取材で「キング」に続くゴールと今季初勝利を誓った。3日のYBCルヴァン・カップ札幌戦で得点した城後寿(34)を「苦しい時に点を決め、誰よりも走るアビスパの象徴」と尊敬し「僕も背中で引っ張りたい」と6日の敵地清水戦を見据えた。

 福岡・筑陽学園高からアビスパに加入した2013年。金森は26歳の城後を慕い、プロの在り方などを学んだ。あれから8年。金森は「当時の城後さんの年齢に今、自分がなっているのが不思議。僕も若手を引っ張らないと」。ひたむきな城後のプレーを見て再確認した。

 「キング」とともに5年前の降格を知る数少ない生き証人。公式戦での2連敗スタートに「J1のスピードや質に慣れてきたし、練習の雰囲気も良い。降格するはずがない」と確信する。4日の練習では主将の前寛之(25)に「負けても雰囲気をよくしていこう」と気を配った。

 2月28日の名古屋との開幕戦では途中出場ながら果敢なプレーで相手のオウンゴールを誘った。同18日にJ1鳥栖から移籍したばかり。「監督のやりたいサッカーと自分の良さがマッチできればもっと貢献できる」と、清水戦ではさらに調子を上げて勝利へ導く。(末継智章)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング