ドームが凍り付いた…ソフトバンク牧原大の首に阪神藤浪のけん制球が…

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク-阪神(5日、ペイペイドーム)

 二塁レギュラー奪回を狙う途中出場のソフトバンク牧原大がアクシデントに見舞われた。

 6回1死から四球で出塁した栗原の代走で登場。続く三森の初球で藤浪の暴投で二進した。だが、2ボール2ストライクとなった後、藤浪の二塁けん制で頭から帰塁した際、けん制球を首後方付近に受け、その場で倒れ込んだ。

 ペイペイドームが静まりかえる中、トレーナーや小久保ヘッドコーチが駆け寄り状態を確認。牧原大は歩いてベンチに戻り、そのまま退いた。代走にはリチャードが送られた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ