けん制球直撃で退場のソフトバンク牧原大に工藤監督「大丈夫と言うんですが…」

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク0-4阪神(5日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの牧原大がけん制球が直撃するアクシデントで途中交代した。6回1死から四球で出塁した栗原の代走で登場。暴投で二進した後、藤浪の二塁けん制で頭から帰塁した際、けん制球を首後方付近に受け、その場で倒れ込んだ。トレーナーや小久保ヘッドコーチが駆け寄り、そのまま退いた。

 工藤監督は「大丈夫と言うんですけど、30分後、1時間後に(悪化する)という可能性もあると聞くので、今日はやめておこう。それで下げました」と説明。その後は安静にした牧原大は、大事に至っていない模様だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ