ソフトバンク大竹3回パーフェクトも「他の投手意識するなと言われても…」

西日本スポーツ 倉成 孝史

 ◆オープン戦 ソフトバンク0-4阪神(5日、ペイペイドーム)

 大竹が「完全投球」で開幕ローテ入りを猛アピールした。3番手で登板した6回は先頭の佐藤輝を内角ツーシームでバットを折って投ゴロ。初回に一発を放った大型新人を封じると、大山は直球で空振り三振、2回に特大弾を放ったサンズも右飛に仕留めた。

 7、8回も危なげなく阪神打線を片付け、3回をパーフェクト。「キャンプ中に監督さんに言ってもらったこともあって、投球フォーム、投球間隔のテンポを意識した」。リズムのいい完璧な投球内容で、4年目の今季に懸ける強い思いと順調な調整を示した。

 今季の開幕ローテは既に3人が確定。残り3枠を大竹、笠谷、杉山、武田、二保で競っている状況だ。オープン戦初戦だった2日の中日戦は笠谷が4回無安打無失点、杉山も3回無失点と好投。3日の同戦も武田が4回無失点、二保も3回1失点にまとめた。

 「他の投手もしっかり結果を出しているので、意識するなと言われても意識する。この競争に負けないように、気合を入れて頑張りたい」。昨季は登板機会に恵まれず、2勝にとどまった悔しさもある。クールでクレバーな左腕は、激しい争いから一歩も引く気はない。 (倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ