ソフトバンク石川に見えた課題は?評論家の視点

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク0-4阪神(5日、ペイペイドーム)

 【西日本スポーツ評論家・斉藤和巳の視点】

 開幕投手の石川は課題を残した。被安打4は全て真っすぐで、しっかり捉えられた。キャンプの疲れかもしれない。本人も球速、キレ、力に物足りなさを感じたのではないか。変化球の出来は良く、投球全体は悪くない。それでも真っすぐはどんなタイプの投手にとっても投球の基本。次回登板に向けて修正が必要だ。

 開幕投手は開幕戦に勝てばいいわけではない。シーズンを通して軸としての活躍が求められる立場だ。石川にも自分が投手陣の中心として頑張るという意識を持って調整してほしい。

 大竹が「らしさ」を存分に発揮した。立ち上がりに球が浮いたが、修正して緩急を生かせた。開幕ローテーションに入る可能性は十分にある。ただ他の先発候補も充実している。大竹や二保のようなタイプは派手さがなく、インパクトを残しにくい。それだけに、残り試合でも結果を出して首脳陣を迷わせてほしい。

 最後に岩崎が心配だ。9回の最後の方は腕を振れず、球威が一気に落ちた。高橋礼が先発に回った中、昨年終盤に力強い投球を見せた右腕には「7回」の候補として期待している。故障でなければいいが…。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ