J2北九州、開幕2連敗もサポーターから「次! 次!」

西日本スポーツ 古瀬 哲裕

 J2ギラヴァンツ北九州は6日、ホームのミクニワールドスタジアム北九州(北九州市)で水戸と対戦し、1-2で敗れた。水戸戦は2015年以来、6戦連続で勝ちなし。昨年と同じ連敗スタートとなったが、サポーターからは「次! 次!」と励ます声が上がった。

 序盤は自陣でのプレーが長かったが徐々に盛り返し、後半16分、カウンター攻撃から佐藤亮が先制点を挙げた。しかしその後、前節と同じくオウンゴールを献上するなどして逆転を許す。試合終了間際は激しく攻める場面が続いたが、ゴールネットを揺らせなかった。

 自身の今季初得点を決めた佐藤亮は「1点取れたことは大きいが勝てずに悔しい。厳しい状況を打開する力を付けないといけない」と振り返った。前節は4点の大量失点を喫したが、今季初出場した岡村は「(守備は)改善できたところもあり、プラスに捉えている」と語った。

 小林伸二監督は「ゲームが進むとともに良くなり点を取れたが、(失点後の)リカバリーが足りない。しっかり顔を上げて戦っていく」と話した。 (古瀬哲裕)

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング