「彼がいるかいないかで内野の締まりも変わってくる」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-3阪神(6日、ペイペイドーム)

 -高橋礼は5回2失点。

 失投はあったが、5回を78球。無四球だし、評価していいと思う。

 -序盤は真っすぐ中心で攻めた。

 開幕まで自分の中で課題を持ってやることが大事。打者と勝負もしていた。フルカウントで打者に粘られても我慢強く投げていた。そういうところも評価していい。

 -高橋礼自身はより一層の球速を求めていた。

 十分詰まらせていたけど、打たれたところもあるのでそう思うのかな。(序盤は)カーブをあまり使っていなかったが、カーブを織り交ぜて以降は詰まらせたりファウルも取れたりした。使い方(が大事)かなと思う。

 -上林は9回の最終打席で1安打。

 オープン戦だからいいと思うのか、何とかと思うのか。1打席を大事にしたいという思いで、僕らの評価も上がる。とてもいい試合の入り方と過ごし方をしている。良かった。

 -今宮は好守があった。

 難しいプレーもあったが無難にこなしていた。脚の感じは良くなっている。打撃も悪くない。守備の要なのでね。彼がいるかいないかで内野の締まりも変わってくる。開幕に合わせてやっていってほしい。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ