ソフトバンク二保は3回2失点、陽川への被弾などで苦しむ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-3阪神(7日、ペイペイドーム)

 2年連続の開幕ローテ入りを目指すソフトバンクの二保は3回2失点と苦しんだ。

 2番手で登板した6回は1死一塁から陽川に2ランを浴びたほか、1点リードの8回も連続四球などで満塁のピンチを招いた。「狙ったところに投げることができず、逆球を痛打された。コースに投げきることが課題。次は自分の投球ができるようにしたい」。制球が定まらなかった投球を反省するとともに、次回の挽回を誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ