西武の「永久若手」の尻に火 辻監督「目の色を変えてやらないと」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆中日2-7西武(9日・ナゴヤ球場)

 西武の木村が激しい外野手争いで存在感を示した。「7番右翼」で先発し、初回に中前2点打を放つと、4回には左越えソロ本塁打で2安打3打点。「うまく打つことができた。自主トレ、キャンプで振り込んできた結果がいい形で出ている」と手応えを強調した。

 外野のポジション争いでルーキーの若林や2年目の岸らがアピール中。プロ15年目の32歳は「若手に負けないように。歳はいっちゃってるけど、関係なしに若さを出していきたい」と“若さ”を強調する。

 辻監督は「(木村には)ことあるごとに『永久若手』だと言っている。そういう気持ちでやってもらいたい。目の色を変えてやらないと」と尻をたたき、「ライトは木村だと思ってずっとやってきている。能力を持った打者なので打率をもっと上げてもらいたい」と、若手に寄せるような期待を語った。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング