光明見えたソフトバンクの「第2捕手」問題

西日本スポーツ 石田 泰隆

タカ番記者コラム「好球筆打」

 ◆オープン戦 ソフトバンク1-1巨人(10日、ペイペイドーム)

 ファンの期待は日増しに高まっていることだろう。阪神のドラ1ルーキー、佐藤輝に対してだ。この日の広島戦は本拠地甲子園に初アーチをかけるなど3安打2打点の活躍。しかも、着弾点は左中間席と逆方向への一発だった。熱狂的な応援でおなじみの虎党もうれしさ倍増ではなかろうか。

 それにしても、今年のオープン戦は若手打者の派手な活躍が目立つ。横浜では高卒3年目の日本ハム野村が一発を含む3安打3打点。今オープン戦すでに3本塁打目というから、素晴らしいの一言に尽きる。一方、対戦相手のDeNA新人牧も2安打1打点。前日9日の試合と合わせて計5安打3打点の暴れっぷりだ。

 まだある。ナゴヤではいずれも西武の新人若林とブランドンがともにオープン戦1号となる3ランを記録。ブランドンは計3安打5打点の活躍で、左ふくらはぎの故障で出遅れるベテラン中村に代わり、開幕先発奪取へ猛アピール中だ。

 そんな中、ホークスの若手野手に目を向けると、物足りなさを感じる人も少なくないだろう。前述した他球団の若手のように本塁打といった派手さがないから、そう思われても仕方ないのだが、見た目は地味でもチームにとっては大きな収穫と思えたのが海野の働きぶりだ。

 今オープン戦7試合目にして、ようやく巡ってきた捕手での先発出場。先発武田に対しては最大の武器であるカーブを多投させ、巨人打線を5回まで2安打に抑えると、6回川原、7回奥村といずれも三者凡退の“パーフェクトリード”を見せるなど、計3投手をいずれも無失点に導いた。

 これには工藤監督も「(リードが)良かった。すべて自分の中で予習しているんでしょうけど、(打者の)特長を捉えたリードもできていた。安打も1本打ったし、満点じゃないでしょうか」とご満悦だった。

 無理もない。チームの重要課題の一つに「第2捕手」問題が横たわる。絶対的な存在の甲斐が故障でもすれば、チームはたちまち窮地に陥る。工藤監督もそれを恐れるからこそ「武田君とどうなのかなと」とバッテリーの相性を見たかったようだ。海野の成長なくして、リーグ2連覇なし。そこに派手さは必要ない。 (石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ