【クローズアップ】塩田「土俵際で踏ん張る」 【若松】

西日本スポーツ 深堀 慎一郎

 第一関門突破へあとひと踏ん張り。塩田北斗(33)=福岡=が3日目を終えて得点率6・00とまさにボーダー上にいる。「土俵際ですね。このまま踏ん張れるよう、ペラ調整を頑張ります」。レース後は入念にハンマーを振るった。

 調整を施さなくてはならないのは、ターン回りの物足りなさがあるから。「ターンで全然、思い切れていない。ハンドルが切りづらくて、消極的なレースになっている」。そんな状態でも大敗せずに済んでいるのだから、なかなかの健闘ぶり。ひと仕事で機力を上向かせて、せっかくつないだ準優入りのチャンスを無駄にはしない。

 昨年は、地元のクラシック(今年3月、福岡で開催)出場を目指して奮闘し、一般戦で4Vを挙げた。クラシックには届かなかったが、年間を通じた頑張りはグランプリシリーズでのSGデビューという結果につながった。

 そして迎えた今年。「身近に目指しているものがあるとすればダービーですかね」。選考期間(開催前年8月~開催年7月)の勝率7点台が出場権の目安で、ちょうどそのあたりの勝率を稼いでおり、こちらも踏ん張りどころ。G1戦は着順点が一般戦の1点増しなので、6・00をクリアすれば勝率は7点以上なので分かりやすい。勝率確保のためにも、予選突破ラインをめがけて好ターンを繰り出す。 (深堀慎一郎)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング