「三振かホームランどっちか」が…西武ドラ1渡部のプロ初打席

西日本スポーツ

 ◆西武1-0広島(16日・メットライフドーム)

 西武のドラフト1位ルーキー渡部健人内野手(22)=桐蔭横浜大=が、“1軍デビュー”を果たした。この日、A班(1軍)に合流し、6回の守備から途中出場した。6回の守備から途中出場し、7回の初打席では「三振かホームランどっちか」とフルスイングを心がけたが、変化球に体勢を崩されて投ゴロ。8回には三塁線の痛烈なゴロをはじいて取れず、失策も記録した。

 176センチ、112キロの堂々たる体格の持ち主は右肩痛の影響でB班(2軍)での調整が続いていた。「ものすごく緊張感があった。打撃が自分の売り。張ったボールは捉えるようにしないといい投手は攻略できない。次は積極的にいきたい」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ