鹿島土壇場の同点ゴールはVARで幻…決定的証拠を示す1枚

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第5節 福岡1-0鹿島(17日、ベスト電器スタジアム)

 福岡が2006年10月7日の第26節以来15年ぶりに鹿島から勝利した。1点リードの後半ロスタイムにゴールを割られたが、直後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定に持ち込まれ、幻のゴールとなった。

 福岡のサロモンソンがドリブルで独走していたところに、鹿島の松村が後方からタックルを仕掛けていた。そのタックルで鹿島が奪ったボールが起点となったゴールだったため取り消された後、松村は警告を受けた。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング