アメフトみらいふ福岡「NFL選手発掘プロジェクト」1期生は野球名門校出身

西日本スポーツ

 アメリカンフットボールの日本社会人XリーグX1エリアに所属する「みらいふ福岡SUNS(サンズ)」は19日、同チームが企画して米プロフットボールNFLに挑戦する選手を発掘、サポートするプロジェクトの1期生に中京大出身の横山海マクスウェル(23)が決まったと発表した。

 愛知県日進市出身の横山は小学校から野球を始め、愛知の強豪東邦高でプレーした。中京大でアメリカンフットボールに転向し、QBとして活躍した。身長178センチ、体重80キロ。

 みらいふ福岡では将来NFLに挑戦する選手の輩出を目指し、トライアウトを実施した。その後、面談を経て、13日に横山と契約した。横山は21日の練習からみらいふ福岡に合流。今後は40ヤード4・56秒の俊足を生かし、同チームでWRとしてプレーしながらNFL入りを目指す。チームを通して「これからNFLという大きな目標に向かって、さまざまな素晴らしいサポートメンバーの下、一分一秒を大切に突き進んでいきたいと思います。命を懸けて努力してまいりますので、よろしくお願いいたします」とコメントした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング