プロ野球の新たな独立リーグが船出 雨で開幕戦中止もセレモニー 歌手水前寺清子さん国歌独唱

西日本スポーツ

 プロ野球の新たな独立リーグ、九州アジアリーグは20日、熊本市のリブワーク藤崎台球場で予定していた火の国(熊本)-大分の開幕戦を雨天のため中止とし、セレモニーを実施した。同市出身の歌手水前寺清子さんが国歌を独唱。集まった約700人の観客が両チームに声援を送った。

 西武、ソフトバンクなどで活躍した火の国の細川亨監督は「中止は残念ですが、ここまでいろんな方の尽力があった。こんなに(観客が)入っているのかとビックリした」と感慨を口にした。地震や豪雨で被災した熊本で、コロナ禍の開幕。「野球で元気、勇気を届けなければ」と意気込む。

 開幕戦は21日に順延。火の国と大分が9月までに公式戦36試合を戦い、ソフトバンク3軍などと交流戦を行う予定。同リーグは来季4球団を目指して準備するという。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング