選抜高校野球中止 昨夏交流試合の経験者は2人、大分・明豊

西日本スポーツ

 第93回選抜高校野球大会第3日は21日、雨のた予定されていた3試合が22日に順延された。同日に試合予定だった具志川商(沖縄)、明豊(大分)は室内練習場で調整した。第4日以降も1日ずつ順延となるため、決勝は4月1日に行われる。

 明豊は昨夏も甲子園で行われた交流試合に出場したが、その舞台を経験したのは2人だけだ。川崎監督は「球場の雰囲気を見られたので有意義な一日になった。球場に来られたので落ち着いて試合ができると思う」と順延をプラスに捉えた。冬の練習で選手層も厚くなっており「投手陣を含めて秋とは違う新しいチームというスタンスで臨みたい」と指揮官は自信を見せる。幸主将は「明豊の粘り強い野球を見せたい」と誓った。目標の日本一へ向けて一歩を踏み出す。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング