西武先発の平井、収穫と反省「生命線の真っすぐもスライダーも良かった」

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 西武8-6ヤクルト(21日・メットライフ)

 28日のオリックス戦(メットライフドーム)に先発予定の西武平井が6回途中5失点で開幕前の最終登板を終えた。初回、村上に先制の3ランを被弾。2回以降はテンポの良い投球でゼロを並べたが、6回にも2点を失い、93球で降板した。「初回の入りと逆転してもらった直後の(6)回が反省点。絶対に点を与えてはいけないところ。ただ、生命線の真っすぐもスライダーも良かったので、その点は満足している」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング