福岡大大濠「恐怖の8番」がいい仕事 チームのカギを握る元4番

西日本スポーツ

 ◆選抜高校野球大会1回戦 福岡大大濠2-1大崎(22日、甲子園)

 聖地でリベンジ!! 選抜高校野球大会は1回戦が行われ、昨秋の九州大会決勝の再戦は、福岡大大濠が九州王者の大崎(長崎)に2-1で雪辱した。エースの左腕、毛利海大(3年)が緩急を使った安定したピッチングを披露して10奪三振、1失点で完投した。初出場の大崎はエース坂本安司(同)の適時打で7回に1点を返したが初勝利を挙げることはできなかった。

   ◇   ◇   ◇

 松尾が値千金の2点適時打を放った。2回1死二、三塁で中前へはじき返す先制打を「先制点を取りたかった。つなぐ意識で打席に立ちました」と振り返った。高校通算21本塁打でチームトップのパワーを誇り、八木監督が「勝敗の鍵を握る」と挙げる存在。4番の経験もあるが、今大会は8番での起用。「中軸を外れて悔しかったけど、上位や中位でかえせなかった走者をかえすのが仕事」。下位でポイントゲッターの仕事に全力を尽くす。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング