前田大然は招集外、堂安も辞退で追加招集 東京五輪へ「生き残るには…」

西日本スポーツ 末継 智章

■U-24日本代表合宿初日

 東京五輪世代のサッカーU-24(24歳以下)日本代表に追加招集されたFW林大地(鳥栖)が合宿初日の22日、オンラインで取材に応じ「(代表で)生き残るには結果を出すしかない」とU-24アルゼンチン戦(26日・味の素スタジアム、29日・ミクニワールドスタジアム北九州)でのアピールを誓った。

 今季J1トップタイの6得点を挙げている前田(横浜M)がけがで呼ばれず、フル代表で常連の堂安(ビーレフェルト)もけがで辞退したため「代役」で自身初の年代別日本代表入りを果たした。林もチーム最多の9得点を記録した昨季に続き、今季も6戦3発。五輪が1年延期になった間に急成長を遂げた。

 闘志あふれるプレーが持ち味の自称「ビースト(野獣)」。巡ってきた五輪代表入りのチャンスに「難しい体勢からでもゴールを目指す力強さを見せる」と目をぎらつかせた。 (末継智章)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング