MAX160キロ西武平良が「脱直球宣言」なぜ?

西日本スポーツ

 昨季新人王に輝いた西武の平良海馬投手(21)が23日、自慢の直球に頼らない“新様式”を明かした。メットライフドームでの全体練習後に対応。「真っすぐはあまり投げないようにした方がいいんじゃないか」と“脱直球”を宣言した。

 オープン戦は5試合に登板し、5イニングを無失点。「普通にいい感じ。仕上がりは100(パーセント)」と自信を見せた。ただ、5試合で浴びた計5安打はいずれも直球。「狙われているんじゃないかという印象もある」と振り返る。

 最速160キロの直球が最大の武器だが、シーズンを見据えて変化球を磨いてきた。「(昨季は)変化球でストライクが入らないから仕方なく真っすぐを投げるところもあった。今年はキャンプで変化球をたくさん投げてきた。その成果が出ればいい」と意気込む。

 球界も“新様式”となり、豪腕に懸かる比重はさらに大きくなった。延長なしの9回打ち切りが決まり、1イニングの重みは増す。勝ちパターンの中継ぎは積極投入されることが予想される。「いけと言われたところでいくし、たくさん投げられたらいい」と力強い。

 目標に防御率0点台と最優秀中継ぎのタイトルを掲げた。「試合も始まるので、なるべく肩を使わずに休みたいです」。開幕からフル回転の準備を整える。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング