西武森が必勝祈願で絵馬に込めた「欲張らない」目標とは

西日本スポーツ

 西武の森友哉捕手(25)がシーズン開幕を2日後に控えた24日、「欲張らずに」打率3割を目標に掲げた。昨年の打率は自己最低の2割5分1厘。まずは3割返り咲きを目指し、チームを2年ぶりの優勝に導く覚悟だ。

 この日、埼玉県所沢市の狭山不動尊で行われた必勝祈願で、森は絵馬に「打率3割」と「優勝」と記した。首位打者やキャリアハイとは書かなかった。「欲張ることはやめました。まずは目標3割。高い目標を作っても数字ばかり気にして、また変なスイングになるのもいやなので」。自己最高の打率3割2分9厘で首位打者、リーグMVPに輝いた2019年から一転した昨年の反省を踏まえ、自然体で臨む。並の捕手には高いハードルでも、森にとっては「欲張らない」設定なのだ。

 オープン戦では12球団で4位の打率3割5分9厘。「(仕上がりは)8、9割ぐらいまできている」と好調をキープして臨む26日のオリックスとの開幕戦では、球界屈指の右腕山本とぶつかる。昨季の対戦打率は2割にとどまったが、19年は3割を打った。「振り負けないように。タイミングをしっかり取って、自分のスイングをするというのが大事」と語る。

 扇の要。仕事は打つだけではない。初の開幕投手を務める高橋を「緊張すると思うけど、シーズンは1年間ある。その中の1試合と思って投げてもらえたら」と気遣う。「3・26」に向けて攻守で万全を期す。(伊藤瀬里加)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング