「気遣いを忘れない立派な息子」言葉絞り出す古賀稔彦さんの母

西日本スポーツ 星野 楽

 24日に53歳で死去した1992年バルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダリスト、古賀稔彦さんの母で地元の佐賀県みやき町で暮らす愛子さん(79)は、同日朝に古賀さんの長男からの電話で訃報を知り、悲痛な心境を語った。

 「病気の詳しい容体は知らなかった。心配させまいと隠していたんでしょうね。気遣いを忘れない立派な息子だった」と言葉を絞り出した。

 最後に話したのは2月上旬、地元商店で販売する古賀さんの好物丸ぼうろを贈った際の電話だった。「『届いたよ、ありがとう』って、元気そうな声だった。もう息子の声が聞けないのはさみしい。まだ心の整理がつかない」と目を潤ませ「みなさんに支えられて幸せな人生だったと思う」と続けた。 (星野楽)

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング