福岡国際マラソン今年で終了 数々の名勝負も…財政厳しく75回目で幕

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 日本陸上競技連盟は26日、福岡市の平和台陸上競技場を発着点に同市の市街地を走る福岡国際マラソンを12月5日の第75回大会を最後に終了すると発表した。

 市民に師走の風物詩として親しまれてきた福岡国際は1947年に「金栗賞朝日マラソン」として熊本で開始。59年の第13回以降、福岡での開催が定着し、74年の第28回大会から現在の名称になった。68年メキシコ五輪銀メダリストの君原健二が62年大会で初マラソンに挑み、70年代から80年代にかけては瀬古利彦や双子の宗茂、猛兄弟が名勝負を繰り広げた。

 長年、五輪や世界選手権の選考レースとして実施され、かつては世界のトップランナーが集まり、2度の世界記録が誕生。「世界一を競う大会」と称された。

 近年は東京マラソンのような市民参加型が世界的に主流で、国内外の有力選手も東京に集中。大会主催者によると、注目度が低下し、財政面で厳しい状況が続いたため、東京五輪を区切りに幕を下ろすことを決めた。11月にある市民参加型の福岡マラソンとの統合も検討されたが、コース設定や交通事情の調整がつかずに断念したという。

 男子マラソンの大会ではびわ湖毎日が今年の第76回大会を最後に滋賀県の開催を終了し、今後は市民参加型の大阪マラソンと統合される。(伊藤瀬里加)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング