西武逃げ切り開幕白星!オリックス開幕戦10連敗…拙守で不名誉記録

西日本スポーツ

 ◆西武4-3オリックス(26日、メットライフドーム)

 西武が2年連続の開幕白星を飾った。

 初回に敵失の間に先制。栗山の適時打で1点を加えた。3回にも森のソロの後、またも敵失から好機を迎え、中村の適時打でリードを4点に広げた。

 先発・高橋は6回に吉田正、7回には頓宮にソロを許し、2点差とされ8回1死一、二塁で降板。後を受けた平良が暴投と内野ゴロの間に1点差とされたが踏ん張り、9回は増田が1点差を守った。

 オリックスは2失策がことごとく失点につながったのが痛かった。2010年以来の開幕白星はならず、これで開幕戦は10連敗(11年は引き分け)。1976~85年西武(1分けを挟んで9連敗)のリーグワースト記録を更新した。

 開幕戦連敗のプロ野球記録は阪神の11年(91~01年)。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング