毘沙門天賞は郡司制す ウィナーズカップ 【松阪】

西日本スポーツ

 松阪競輪のG2「第5回ウィナーズカップ」は26日、BSで左からの強い向かい風が吹く中、2日目を行った。初日特選3着までの9人が出走した12R毘沙門天賞は郡司浩平が制した。郡司は3番手を確保からやや仕掛けが遅れたが、単騎で捲った浅井康太の後位に3角で取り付いて直線で逆転した。27日の3日目は準決3個レースを行う。10Rは地元エースとして負けられない浅井、11Rは先月の全日本選抜で1年ぶりにG1優出と復調気配の清水裕友、12RはG1連覇中と波に乗る郡司が本命。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング