西武高橋光成、初の大役で白星も反省の弁 辻監督も辛口評価

西日本スポーツ

 ◆西武4-3オリックス(26日・メットライフドーム)

 初の開幕投手を務めた高橋が8回途中3失点で白星を飾った。

 5回まで無失点にしのぎ、6、7回に2死からソロ被弾。8回にピンチを招いたところで降板した。「ブルペンでは緊張していた。(試合で)1球投げたらちょっと落ち着いた。リズム良く投げられたのは良かったけど、回の途中で代わって中継ぎに迷惑をかけてしまった」と反省。辻監督も「2本のホームランを反省しないとね」と指摘した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング