「ふがいない投球をするな」監督の喝に「見返す気持ちでいきました」

西日本スポーツ

 ◆選抜高校野球大会2回戦 明豊2-1市和歌山(26日、甲子園)

 明豊の左腕太田は7回途中1失点の好投で、8強進出の立役者の一人となった。1回戦の東播磨(兵庫)戦では6回に4四球。押し出しで失点を喫するなど大荒れの内容に試合後、川崎監督から「ふがいない投球をするな」と“喝”を入れられたという。それだけに太田は「見返す気持ちでいきました。前の試合も感覚的には悪くなかったんで、ゼロに抑えれば負けることはないと思っていました」と満足げに振り返っていた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング