西武新人コンビが初スタメン 若林「運がありました」、ブランドン「欲を捨てて」

西日本スポーツ

 ◆西武2-3オリックス(27日、メットライフドーム)

 西武のドラフト4位若林と6位ブランドンがそろってプロ入り初めてスタメン出場した。

 若林は2打数無安打1打点。7回2死満塁のチャンスで押し出し死球を受けた。「(相手が)左投手が先発ということで、(先発があるのではないかと)準備をしていました。結果的に押し出し死球で打点が付きましたが、運がありましたね」と話した。

 ブランドンは3打数無安打。「一本出したいという思いがありますが、欲を捨ててチームの勝利に貢献できるような、勝つための打撃をしていかなくてはならないと思います」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング