ソフトバンク高橋礼、自己ワースト9四死球も7回途中2失点「とても緊張した」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-2ロッテ(27日、ペイペイドーム)

 今季初先発の高橋礼が自己ワーストの9四死球と荒れに荒れた。初回に3四死球で2死満塁を招くと、中村奨に押し出し四球。無安打で先制を許すと、5回は1死三塁でマーティンにスライダーを右前へ運ばれて追加点を許した。毎回のように四球を出しながら、粘りの投球で7回途中2失点と試合はつくったが、「とても緊張した。リズムの悪い投球だったが、野手にたくさん助けてもらい感謝しかない。しっかり反省し、修正しないといけない」と猛省した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ