ソフトバンク開幕3連勝、2試合連続サヨナラ勝ち 川島が今季初打席で決める

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6×-5ロッテ(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは4-5の9回2死満塁、代打川島が益田から右前にサヨナラ打を放った。2戦連続のサヨナラ勝ちで2年ぶりの開幕3連勝。今季初打席でサヨナラを決めた川島はナインにもみくちゃにされ、ガッツポーズを繰り返した。

 1点を追う8回、先頭の3番柳田がロッテ4番手のハーマンから二塁打。右中間への当たりで二塁をヘッドスライディングで陥れた好走塁に、6番デスパイネが応えた。2死三塁から左翼席へ逆転の1号2ラン。 9回4番手の岩崎が代打菅野に逆転2ランを浴びて試合をひっくり返されたが、9回に代打長谷川、今宮の安打などでサヨナラの舞台をつくった。

 今季初先発だった和田は7回途中3失点で降板。7回は三塁松田の失策から勝ち越しを許したが、140キロ台中盤の直球には切れがあり、7三振を奪った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ